Parallel Bands System | 優秀なEAが無料で使える|TRADERS-pro【トレプロ】トレーダーズプロ

Parallel Bands System

プロフィットファクター 1.85
純益

17,271

最大ドローダウン

364

通貨ペア

usdjpy (us dollar vs japanese yen)

時間足

5分足

期間

2008.01.02 10:00 - 2018.03.23 22:55

初期証拠金

10,000

総利益

37,537

総損失

-20,265

Parallel Bands System

このシステムの第一の特徴として、ボラティリテイ,ATR,RSIを標準偏差化した、

オリジナルインジケーターを使用しています。何故オリジナルインジケーター

使用するかというと、一般的にオシレーターのインジケーターは絶対値で判断しま

すが、標準偏差化することにより、相対値がわかります。絶対値と相対値により、よ

り多角的な判断ができるからです。

第二の特徴として、シグナルが出た時点でエントリーするのではなく、足の位置を見

極めポジションを持ちます。決済は他のいろいろな長期時間の足の位置等も見極めな

がら、多重なロジックを使い決済をします。

第三の特徴として、買いシグナルと売りシグナルは、ロジックが異なっており、買い

シグナルは、順張りと逆張りの2種類の全く違うロジックが入っています。売りシグナ

ルは、順張りロジックのみとなっています。複数のロジックを組合せることにより、

より一層のリスクヘッジが可能となります。

このシステムの制作あたり、こだわったことは、初心者からプロの方でも、リスク

管理がし易いように、最大1ポジションと限定している事です。何故1ポジションに

こだわるかといえば、やはり1度に3ポジョンや4ポジションを持ち最大ストップロ

スにかかる事を考えると、ロット数を大きくすることが難しくなるからです。

最大Stoplossは、110pipsとしています。過去10年間のバックテストでは、最大

Stoplossは数回のみで、通常はシグナルによる決済をします。

買いも売りも極力シンプルなロジックにし、最適化も極力避け、現状の相場に適合で

きるようにしています。

始値でエントリーするロジックとなっていますので、ブーローカー間の差異が少な

く、また、ストラテジーテスターを、全ティック、コントーロ-ルポイント、始値で

行っても大きな差異はほとんどありません。

長期的安定的に使用できる資金運用の一部としてご活用して頂ければ幸いです。

※注意事項として、必ず、冬時間GMT+2,夏時間GMT+3のブローカーでご使用くだ
さい。

年別の成績をブログで紹介しています。
" http://blog.livedoor.jp/youyou25x/archives/1070547231.html "

長期的安定的に使用できる資金運用の一部としてご活用して頂ければ幸いです。

  • 1139
  • youyou